読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホラー漫画『ジンメン』紹介サイト

ホラーコミック『ジンメン』のあらすじやネタバレ、感想などを紹介するサイトです。無料立ち読みする方法なんかも教えちゃいます。

ホラーコミック 『ジンメン(人面・じんめん)』 第1話「異変」のあらすじネタバレ|無料立ち読みをしてみました。

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

ホラーコミック『ジンメン(人面・じんめん)』1巻|カトウタカヒロ著を無料立ち読みしました。

 

パニックホラー漫画『ジンメン』の表紙|公式あらすじ

 

< 表紙 >

 

f:id:b142sjtv:20170125104120j:plain

 

カトウタカヒロ

サンデーコミックスペシャルで連載

 

 

< 公式あらすじ >

 

 

転校で七年ぶりに故郷へ戻ってきた動物好きの主人公・神宮マサト。

 

幼馴染みの女子高生・ヒトミをデートに誘い、訪れた動物園で二人は人間の顔が付いた動物に突如襲われてしまう・・・

 

 

 

逃げ惑うマサトとヒトミ。

 

 

 

しかし、それは彼らが思いがけない世界に放り出される序章に過ぎなかったーーーー!!

 

 

動物が人類に反旗を翻す戦慄のアニマル・パニック・ホラー、堂々開園。

 

 

 

 

コミック『ジンメン』第1話 『異変』のあらすじ

 

休みの日には家族が訪れ、楽しむための動物園が大変なことになってしまう漫画です。

 

 

 

何が大変かって!?

 

 

今まで大人しく入っていた動物たちが、表紙にあるように…「人の顔」になってしまうのです。

 

 

少し前に流行った人面犬」・「人面魚」みたいに。

 

 

それでこの漫画のタイトルが『ジンメン』なんですね。

 

 

『ジンメン』になってどうするかというと、今まで檻に閉じ込められていた腹いせに、人間に復讐をし始め、どんどん人間を殺して街を破壊していくんです。

 

 

復讐のための動物テロみたいなもんですかね??

 

 

どんな内容か早速無料立ち読みをしてみました。

 

 

 

ホラー漫画『ジンメン(人面・じんめん)』第1話 『異変』のネタバレと感想

 

 

漫画の舞台は、不二サファリワールド。

 

 

どこかで聞いたことがあるような名前ですね。

 

 

 

書かれている動物たちは、非常にリアルに描かれています。

 

 

 

 

主人公は、男子高校生・神宮マサト(じんぐうまさと)という少年です。

 

 

 

もともとマサトは、不二サファリワールドの近くに住んでいたのですが、父親の転勤についていくことになって、小学生の時に別の所へ引っ越ししてしまいました。

 

 

 

小学生時代のマサトは動物が大好きで、不二サファリワールドの常連でした。

 

 

 

マサトは動物に好かれる人間みたいで、小学生当時は富士サファリパーク内はもちろん、他でも動物が彼に近寄って来たり、心を開いたりしていました。

 

 

 

しかし、父親の転勤で北海道に…マサトに良くなついていた象・ハナヨとのお別れは涙涙…

 

 

 

高校生になり、不二サファリワールド近くの高校に転入し一人暮らしを始めることにします。

 

 

 

なぜわざわざ一人暮らしをしてまで不二サファリワールドの近くに来たのか!?

 

 

それは、不二サファリワールドが大好きだからなんです。

 

 

だから、引っ越してきた当日に不二サファリワールドにやってきました。

 

 

 

 

真っ先に向かったのは、やっぱり一番よくなついていたゾウのハナヨのところでした。

 

 

 

 

ハナヨの厩舎に行くと、飼育員さんに危ないからと追い返されそうになるのですが、昔からいるハナヨの飼育員・中田さんがたまたまやってきて、ハナヨの檻の扉を開けてくれました。

 

 

 

マサトとハナヨは離れ離れになって…7年…ハナヨはマサトの事を覚えているのでしょうか!?

 

 

 

若い飼育員がマサトを危ないからと止めようとしますが、それを振り切ってゾウが飼育されている檻の中へ入るマサト。

 

 

 

ハナヨの脚がマサトを踏みつける…!?

 

 

 

ところが、ハナヨはマサトに鼻を擦り付けて甘えているような感じです。

 

 

 

 

 

そうです、ゾウのハナヨはマサトの事を覚えていたのです。

 

 

7年ぶりの再会…感動(涙ウルウル)

 

 

という感じで、暴徒の部分は7年振りに会う動物たちと感動の再会を果たすマサト。

 

 

 

他の動物たちとも感動の再会…と思いきや…

 

 

 

 

 

ホラーコミック『ジンメン』第1話 『異変』のラスト結末と感想

 

 

7年ぶりに不二サファリワールドを訪れた主人公・マサト

 

 

飼育されている動物たちと感動の再会を果たしますが…

 

 

マサトは昔顔なじみの飼育員・中田さんと不二サファリワールド内を散策していると、7年前と動物たちの雰囲気が変わっていることに気が付きました。

 

 

 

 

動物たちがとても元気!?になっているような…

 

 

 

 

 

飼育員・中田さんによると、不二サファリパークの園長が変わってから今の雰囲気になってしまったと事です。

 

 

 

 

園長の交代と動物たちの変化に何か秘密が隠されているようです。

 

 

 

その秘密とは一体…!?

 

 

 

 

 

 

翌日、マサトは幼馴染のヒトミと不二サファリワールドでデートをする約束をしていました。

 

 

 

ヒトミとも7年ぶりの再会、お互いに成長してヒトミも大人の女性になっているのではと期待しているマサト。

 

 

 

ドキドキしながら待ち合わせ場所の不二駅前で待っていると…やってきました!

 

 

 

立派に成長したヒトミを見た瞬間のマサトの表情の描写が…す・ば・ら・し・い。

 

 

 

一目で何を表現したいのかがわかりますよ。

横道にそれました、ネタバレに戻ります。

 

 

 

 

不二サファリワールドへ足を運ぶ二人。

前日に、飼育員・中田さんにデートをすることを伝えてあったので、開園前に内緒で入れてくれる約束をしていました。

 

 

 

 

不二サファリワールドへ着くと、入り口ゲートの左端だけ開けておくという中田さんとの約束…だったのに…

 

 

 

全部のゲートがガラガラと開いていました???

 

 

 

そして二人は動物園の中へ。

ところが、動物園は「しーん」と静まり返っていて、飼育員どころか動物たちさえいません。

 

 

 

 

誰かいないかと動物園内を歩き回っていると

 

ぎゃああああああ

 

という悲鳴が!!

 

 

 

 

飼育員が「助けて!!」と叫びながら二人の方へ走ってきます。

 

 

 

その飼育員に…動物たちが四方八方から襲い掛かり噛み付くのを目の当たりにするマサトとヒトミ。

 

 

「顔が…顔が…顔が…」

 

 

ヒトミは放心状態で、顔が…とつぶやくのでした。

 

 

 

と、まぁこんな感じのオープニングになっています。

何故動物たちが人間を襲う暴挙に出たのか、もう少し読み進まないと明らかになりません。

 

 

 無料立ち読みは↓↓↓↓からできますよ。

 

➡『ジンメン』無料立ち読み

※検索窓に「ジンメン」と入力して検索をかけるとトップに出てきます。

 

 

第2話のあらすじはコチラ➡

 

 

 

 

 

スポンサードリンク